不動産売却の流れ|column|株式会社torio real estate(トリオリアルエステート)
不動産売却の流れ|column|株式会社torio real estate(トリオリアルエステート)
不動産売却の流れ|column|株式会社torio real estate(トリオリアルエステート)

コラム

Column

不動産売却の流れ

  相続や住み替えなどで不要な土地・建物を処分したい場合、不動産会社に依頼するのが一般的です。 ただ、ほとんどの方は不動産売却を経験したことがないため、まず何から始めればよいのか、どんな流れで不動産売却が行われるのか、気になっている方も多いようです。 そこで今回は、一般的な不動産売却の流れや方法、押さえておきたいポイントをまとめました。

相場チェックから物件引き渡しまで一挙公開!不動産売却の流れと方法

不動産売却を行う場合、不動産の仲介や買い取りを請け負っている不動産会社に相談し、売却活動を経て所有する土地・物件を引き渡す事になります。 ここでは大まかな流れを把握するために、不動産を売却する方法を9ステップにまとめました。

1. 所有する物件の相場をチェックする

不動産の売却を検討し始めたら、まずは所有する物件の相場を下調べしてみましょう。 不動産の相場を調べる方法はいくつかありますが、国土交通省が運営している「土地総合情報システム」や、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運用する「レインズマーケットインフォメーション」などを利用して、過去の不動産取引事例をチェックするやり方が一般的です。 物件の査定はあらためて不動産会社に依頼することになりますが、事前に相場を知っておけば、不動産会社の見極めや、対等な交渉の材料として活用できます。

2. 不動産会社に相談する

不動産売却に対応している不動産会社に、物件の売却について相談します。 売却の実績やノウハウ、査定などは不動産会社によって異なりますので、不動産売却について相談した時に対応のよさや誠実さをしっかりチェックしましょう。

3. 不動産査定を依頼する

信頼できる不動産会社を見つけたら、不動産査定を依頼しましょう。 最近はオンライン上で物件の情報を入力し、大まかな査定価格を提示してもらう「簡易査定」も広く行われていますが、より具体的な査定価格を出すには、不動産会社の査定員が現地で直接物件を査定する「訪問査定」を行う必要があります。 不動産査定は無料で依頼できますので、複数の業者に査定してもらい、その結果を比較して不動産会社を選ぶのもひとつの方法です。

4. 不動産会社と媒介契約を締結する

不動産会社に物件の売却を依頼することを決めたら、媒介契約を締結します。 契約書の内容はよく確認し、疑問や不安があったらその場で遠慮なく質問しましょう。

5. 不動産の売却活動を開始する

媒介契約が締結されると、不動産会社は物件の売却活動をスタートします。 まずは査定価格をもとに、不動産会社と相談しながら物件の売却価格を決定します。 その後、物件の情報を市場に公開し、広く買い手を募ります。 具体的な方法としては、自社ホームページに物件情報を掲載する、周辺地域にチラシを配布する、不動産ポータルサイトや住宅情報誌に物件情報を載せるといった活動が行われます。 売却活動が始まると、購入希望者が物件の内覧に訪れることがあります。 物件の内覧は売主が対応することになりますので、事前に室内の清掃や片付けなどの準備を行っておきましょう。

6. 購入希望者と交渉を行う

物件の内覧などを経て、土地・建物を購入したいという人が現れたら、売主と購入希望者の間で具体的な交渉を行います。 交渉には、重要事項説明書や登記済権利書、土地測量図、物件の図面など、物件の詳細を記した書類をあらかじめ用意しましょう。 とくに不動産仲介では、売主は買主に対し、瑕疵担保責任を負うことになります。 もし売却後に物件の不具合や欠陥(瑕疵)が見つかった場合、無償修理や損害賠償を請求される可能性がありますので、不具合や欠陥があるのなら売買契約を締結する前に包み隠さず説明しましょう。 瑕疵は目に見えない部分に発生することもありますので、事前にホームインスペクション(住宅診断)を依頼し、住宅の劣化状況や瑕疵の有無などを診断・評価してもらうのも1つの方法です。 物件の状態を正確に把握してもらったうえで、買主と売却価格や売却条件について交渉を行い、双方が納得したら売買契約の締結に進みます。

7. 売買契約を締結する

売主と買主の間で売買契約を締結します。 このとき、買主から物件価格の1~2割にあたる手付け金が支払われます。 一方、売主は不動産会社に対し、仲介手数料の一部を支払います。

8. 物件引き渡しの準備

買主に物件を引き渡すために、家財の撤去や引っ越しなどを行います。 売却物件に住宅ローンが残っている場合は、ローンを完済した上で、抵当権抹消手続きを行う必要があります。 手続きには数日の時間を要することもありますので、早めに準備を開始しましょう。

9. 残金決済・物件の引き渡し

買主に物件を引き渡し、残りの売却代金を受領します。 また、不動産会社に対し、残りの仲介手数料を支払います。

不動産売却の流れや方法をよく理解し、スムーズな売却を目指そう

不動産を売却するには、相場のチェックから物件の引き渡しまで、多くのステップを踏む必要があります。 不動産仲介の場合、売却までに3~6カ月程度の時間がかかるといわれていますが、手続きが滞るとさらに期間が延びてしまう可能性があります。 物件の価値は築年数が経過するほど下降していきますので、実績のある不動産会社に相談し、なるべくスピーディな不動産売却を目指しましょう。