不動産の価格査定方法|column|株式会社torio real estate(トリオリアルエステート)
不動産の価格査定方法|column|株式会社torio real estate(トリオリアルエステート)
不動産の価格査定方法|column|株式会社torio real estate(トリオリアルエステート)

コラム

Column

不動産の価格査定方法

  不動産を売却する時には、まず価格査定を依頼することになります。売り手としてはできるだけ高い値段をつけてもらいたいものですから、不動産会社には、納得できる査定価格をつけてもらいたいものです。ここでは、実際にどのような手順で不動産査定が行われるのかを解説します。

簡易査定と現地査定の違い

不動産価格の査定を依頼する際には、不動産売却の意思がどれほど固まっているか、そして査定にどれくらいの手間と時間をかけられるかによって、2つの方法から選ぶことができます。 簡易査定とは、実際の物件を見ることなくデータを元にして査定額を予想する方法です。近隣の路線価や公示地価、そして建物の情報を元にして計算していきます。周辺の物件の売買価格も参考にされます。不動産会社に電話やメールで問い合わせることで、比較的短い時間でおおよその査定額を知ることができます。あまり手間がかからないのがメリットですが、正確性はやや劣ります。幾つかの不動産会社に一斉に問い合わせることもできるため、現地査定をしてもらう業者を2-3に絞り込みたい時にも使える方法です。 不動産売却に前向きで、できるだけ適正な価格を知りたい場合は、現地査定がおすすめです。手間はかかりますが、不動産会社の担当者に会って色々質問したり、説明を受けたりすることもできます。そのやり取りから、信頼できるh動産会社かどうかの判断材料も得られることでしょう。

売り主が自分で用意しておく書類もある

できるだけ精度の高い査定をしてもらうために、売り主が自分で用意しておく書類もあります。不動産の登記簿謄本、権利証、建物の図面などを準備しておくように、不動産会社から言われるかもしれません。そのうえで、土地や建物の状態を詳しくチェックしてから査定されます。チェックポイントとしては、敷地形状や境界、インフラの状態、建物の歪みや管理状況、近隣環境などがあります。複数業者に現地査定を依頼すると時間がかかりますが、じっくりと比較検討できる機会となります。

最終的な希望価格を決めるのは売り主

不動産価格は、綿密な計算によってできるだけ的確な価格が算出されるようになっています。しかし査定された価格はあくまでも目安であり、かならずその値段で売れるという保証があるわけではありません。その値段をどう捉え、最終的な希望価格を決めるのは売り主本人であり、自身が決定権と責任を持つということを覚えておきましょう。