簡易査定と匿名査定の違いは?費用や高く売るポイントも合わせて解説|column|株式会社torio real estate(トリオリアルエステート)
簡易査定と匿名査定の違いは?費用や高く売るポイントも合わせて解説|column|株式会社torio real estate(トリオリアルエステート)
簡易査定と匿名査定の違いは?費用や高く売るポイントも合わせて解説|column|株式会社torio real estate(トリオリアルエステート)

コラム

Column

簡易査定と匿名査定の違いは?費用や高く売るポイントも合わせて解説

土地や建物等の不動産を売却しようと思ったとき、多くの方は一度査定をお願いしたいと感じるでしょう。

土地や建物など額が大きい資産売却は、あらかじめ見積もりを出しておかなければ不安を抱きます。

一般的に、不動産の査定では対面による確認がなされますが、簡易査定を活用すれば対面での手続きなしに査定を完了させることが可能です。



今回は、簡易査定の特徴や匿名査定との違い、簡易査定のメリット・デメリットを解説します。

簡易査定とは

過去の売買データから、不動産の資産価値を割り出す査定方法を簡易査定と言います。

対面における査定とは異なり、周辺の売り出し価格・過去の取引事例・1年に1度公表となる公示価格等に基づき、概算で価格を出すことです。

電話やメールで、個人情報や物件に関する情報を伝えます。

簡易査定で伝えるべき情報は、以下の通りです。



  • ・物件種別(マンション・一戸建て・土地)
  • ・所在地
  • ・面積(占有面積・土地面積・建物面積)
  • ・築年数
  • ・希望売却時期


物件に関する基本的な情報を入力するだけなので手間がかからず、複数社への査定依頼も容易です。

また、査定に時間がかからず、早ければ数時間で終了します。

注意点は、建物の状態が考慮されないため、実際の取引価格とは乖離する可能性があることです。

「対面査定を受ける時間的余裕がない方」や「概算でも良いから金額が知りたいという方」には、簡易査定はおすすめだと言えます。

不動産の簡易査定の費用は無料?

不動産簡易査定は無料で受けることが可能です。

「無料だと適当な査定を出されるのでは?」と不安を抱く方もいるかもしれません。

しかし、不動産会社側は無料査定によって今後売れそうな物件をピックアップできるので、無料でも十分メリットがあります。

無料という点に不審さを感じなくても大丈夫なので、安心してください。



ただし、簡易査定後に不動産会社からビジネス目的のメールや電話がくる可能性は否定できません。

連絡をしてほしくなければ、見積もり時の申請フォーム欄に「連絡は不要です」とメッセージを残しておきましょう。

簡易査定の対象は?家・マンション・土地

簡易査定の対象は、通常の不動産査定と同様に家やマンション・土地などです。

分譲用でも投資用でも用途は問わず、マンションやアパート丸ごと1件でも、1部屋だけでもどちらにも対応しています。



一戸建てでも、店舗や事務所・倉庫など幅広く対応可能です。

土地も基本的に問題なく査定に応じてもらえますが、農地の場合は査定を断られる可能性はゼロではありません。

なぜなら、農地の売却には国から様々な制限が設定されており、農地売却のノウハウを持っていない会社だと対応できないケースがあるためです。

簡易査定と匿名査定の違いは?

不動産の情報を入力すれば査定結果が表示されるサービスはいくつも存在します。

しかし、個人情報の入力も必要な場合も多いため、利用を躊躇してしまう方もいらっしゃるでしょう。

簡易査定で個人情報を教えたくなければ、匿名査定の利用がおすすめです。

匿名査定では、メールアドレスさえ入力すれば、その他の個人情報の提供無くして匿名で査定を受けられます。



一方で、物件に関する詳細情報を入力できないため、査定の正確性が低い点がデメリットです。

また、匿名査定では不動産会社側は依頼者のメールアドレスしか知らないので、売却を依頼したいと考えても向こうからアクションが起こしにくいです。

依頼者として条件で納得いっても、実際に売却を依頼するにはもうひと手間が必要になります。

簡易査定のメリット

査定理由が分かる

不動産の簡易査定では、金額だけでなく査定の理由も教えてくれます。

査定理由が分かれば、対象不動産のどの部分が評価されたのか、また評価されなかったのか知ることが可能です。

全く根拠がない査定額を提示する不動産会社が存在しないとは言えないため、自らもある程度の相場観を知ることは大切です。

査定理由を知れば、金額が適正かどうか判断つきやすくなります。

査定に手間がかからない

簡易査定は、インターネットで物件情報を入力するだけで簡単に査定結果を得ることが可能です。

また、スピード感も持ち味で、早ければ数時間で査定が完了することもあります。

不動産会社まで足を運ぶ必要があると、時間や費用的なロスが発生するのはもちろん、社員から強引な営業を受ける可能性も高いです。

不動産会社と直接コミュニケーションを取りたい人やすぐに査定額を知りたい人には、不動産簡易査定をおすすめします。

簡易査定のデメリット

正確な査定額が分からない

不動産の簡易査定では、正確な査定額を知ることができません。

なぜなら、簡易査定は実際の状態を見て決めるわけではなく、面積築年数などのデータのみを根拠に査定額を出すためです。

訪問査定ならば、建物の傷み具合やリフォームの有無・日当たり・生活環境など査定額に関わる情報が手に入ります。



簡易査定では、このような情報を含めず査定するので、実際の取引価格とはどうしても乖離が生じるでしょう。

特に一戸建てでは、価格に大きなブレが生じる傾向があります。

一方、マンションやアパートは間取りによって保存状態が似ているため、他の不動産会社の査定額や実際の取引価格との乖離が少ないです。

正確な査定額を知りたい人にとっては、簡易査定は剥いていないと言えるでしょう。

実際より高い価格を提示される可能性がある

悪質な不動産会社では、専任媒介契約を勝ち取るために敢えて高めに査定額を出す会社もあります。

契約後になって詳細な査定を行った結果、当初の見積もりを下回る金額が出たと主張する可能性が高いです。

複数の不動産会社から査定をもらう場合は、飛びぬけて高い金額を提示されると不当な高額査定を行っている可能性もあるので注意してください。

簡易査定に必要な書類

ネットで簡易査定を依頼する段階では、基本的に書類の提出は必要ありません。

しかし、査定に必要な情報の入力のために、根拠となる資料を手元に準備する必要があります。

以下の3つは最低でも準備しておきましょう。

  • 1. 登記簿謄本
  • 2. 公図
  • 3. 測量図

登記簿謄本・公図・測量図は、管轄の法務局へ行けば入手可能です。

申請には手数料が発生し、登記事項証明書の書面請求は600円、図面の写しの取得には450円かかります。

上記の書類をもとに問い合わせフォームに必要な情報を入力すれば、依頼は完了です。



この情報だけでは査定できないと不動産会社が判断すれば、書類の提出を求められる可能性もあるので、上記の書類は必ず用意しましょう。

簡易査定で高く売るポイントは?

複数の会社に査定を依頼する

1社だけでなく複数の会社に査定を依頼することで、最も高く評価してくれる会社を見つけられます。

不動産の価格査定は依頼する会社によって金額にばらつきが大きいので、1社だけでは正しい価格が算出できない可能性が高いです。



会社によって、数百万円単位で査定額が異なる場合もあり得ます。

このため、不動産簡易査定において複数の会社に査定依頼をかけることは必須です。

不動産簡易査定は無料で受けられ、複数社に見積りを依頼しても依頼者の負担にはなりません。



中には一度に複数社から見積もりを取れる、一括査定サービスを展開する業者もあります。

複数社へ査定をかけるといっても面倒なことはないので、気軽に活用してみてください。

物件情報はできるだけ正確に記入する

簡易査定では、依頼をする場合、様々な物件情報を入力します。

不動産会社は、利用者から提供された数字ベースの資料に基づき査定を行うので、入力する物件情報は誤りがないか入念に確認してください。

入力の際に、手元に査定を依頼する建物の登記簿や公図・図面などを置いておけば記載ミスの可能性を減らせる可能性が高いです。

入力した情報に誤りがあると査定額は狂い、依頼の意味が無くなってしまいます。



また、物件の情報のみならずメールアドレスや電話番号の入力ミスにも注意です。

個人情報に誤りがあると、査定の結果が届かなくなります。



地域の相場と見比べる

周辺の類似物件がどの程度の価格で売りに出されているか、地域相場と照らし合わせておくとおすすめです。

築年数や面積・間取りなどが似たような物件が同じ地域内にあれば、自ずと似たような価格帯になります。

自分で相場を調べる方法は、国土交通省が公表する「国土交通省地価公示・都道府県地価調査」が利用可能です。

周辺の価格のみならず、相場が下落傾向か上昇傾向にあるかという点まで知ることができます。

不動産簡易査定を行う方法

不動産一括査定サイトの活用

不動産の簡易査定では、複数の会社に依頼した方が良いとお伝えしました。

1社での手続きはスピーディーに完了するとしても、複数社に依頼するとなると面倒に思う人もいるでしょう。

不動産一括査定サイトを活用すれば、1度の手続きで完了させることが可能です。

不動産一括査定サイトに申し込むことで、一括査定サイト側で複数の不動産会社に査定をかけてくれます。

一度に複数の査定結果を得られるので、適正売り出し価格が分かり、相性の良い不動産会社も見つかるでしょう。



ただし、不動産一括査定サイトに対応していない不動産会社も存在します。

特に不動産会社が少ない地域では、対応可能な不動産会社がなく、査定依頼に応じてもらえないかもしれません。

全国どこでも不動産一括査定サイトが利用可能なわけではないので、注意が必要です。

できるだけ正確な査定価格を知りたい方、自分に合う不動産会社を見つけたい方はぜひ不動産一括査定サイトを活用してみてください。



匿名AI査定サイトを活用する

地域の事情等で不動産一括サイトを活用できない場合、AIを用いた自動査定シミュレーションサイトの利用がおすすめです。

匿名AIサイトの活用による自動シミュレーションでは、過去に蓄積された膨大な取引情報をもとに、客観的な価格を算出可能です。

入力画面に必要な情報を入力すれば、過去の取引データからAIが近しい条件の物件を探し出し、金額を算出してくれます。



AIによる自動査定シミュレーションを活用する一番のメリットは、査定価格がすぐ分かることです。

シミュレーションツールを活用すれば、おおよそ5分程度で査定額を教えてくれます。

匿名で利用できるので、不動産会社からの営業が嫌な方にもおすすめです。

ただし、あくまで過去のデータをもとに算出するため、価格の正確性では劣ります。

簡易査定と匿名査定の違いや費用は?高く売るポイントも解説【まとめ】

不動産の簡易査定に関する情報をお伝えしてきました。

簡易査定はネットからお手軽に審査を依頼でき、審査結果の連絡までもスピーディーに終わります。

「早く土地の価格が知りたい」「手続きに手間をかけたくない」というときに、適した手続きです。

ただし、簡易的な査定なので、正確な価格を把握したい方には、おすすめできません。



簡易査定を行う際の注意点は、複数の不動産会社に査定依頼をかけることです。

現物を確認して審査を実施するわけではないため、査定価格は信頼をもてる数字ではありません。

複数社から査定を取り、相場がどの程度か把握するべきだと言えます。

実際に不動産簡易査定を行うには、不動産一括サイトを活用すると便利です。

こちらの記事の監修者

torio real estate店長 宿南 秀文

torio real estate店長

宿南 秀文

  • 平成18年度三井のリハウス(現在の三井不動産リアルティ株式会社)を経て、平成20年株式会社torioに入社。
  • torio創業初期から数多く顧客様との商談・交渉・マーケティングリサーチを行ってきた経験を活かし、お客様の保有数不動産価値の創造に努めます。